法律相談のご案内

法律相談のご予約について

日時をご予約のうえ、来所いただくことになります。
 まずは、お電話で来所いただく日時をご予約ください。  
 電話:082-511-0350 女性職員が丁寧にご対応いたします。
 電話受付時間は、平日9時〜18時とさせていただいております。
 依頼者の皆様のことを考えれば休日も対応できることが望ましいのですが、裁判所に合わせなければ仕事がしづらいことや、職員のワークライフバランスの観点から、土日祝日は、一応事務所はお休みとさせていただいております。 ただ、夜間や休日しかご都合のつかない方には、平日にご予約いただければ、可能な限り夜間・土日祝日もご相談に応じております。
 予約なしにお越しになると、弁護士は来客対応中だったり、裁判所などに出かけて不在だったりしますので、必ずご予約のうえお越し下さい。

お気軽にお電話ください

 当事務所に相談に来られる方の多くは、弁護士に相談するのは初めて、というような方ばかりです。 一般の方にとって、弁護士に相談するというのは、相当勇気のいることだと思います。
 多くの方が、困り果てた末、相談に来られます。  所長の楾も、少々歯が痛くてもなかなか歯医者に行かず、どうしても我慢できなくなってから歯医者に行ったりしますが、法律問題も、歯と同じで、放っておくと問題が深刻になるばかりだったりします。自分でどうにかしようともがいているうち、解決が難しくなることはよくあります。
早めの相談により、紛争を未然に防ぐことができたり、解決が容易になったりします。
 たとえば、借金の相談者には、自分の収入ではとても返済できないことが明らかなのに、返済のために他社から借り入れをして借金をふくらませたり、親族や友人、勤務先などから借り入れたりした後で、相談に来られるような方はたくさんおられます。もっと早く相談に来られていれば、自己破産などしなくてよかったのに、親族などに迷惑をかけずに済んだのに、などというケースはよくあります。 本人同士で合意書を作ったため、合意書の言葉の意味をめぐって訴訟をせざるを得なくなったケースも経験したことがあります。
 お困り事は、早めにご相談ください。

対応する弁護士

 当事務所には、楾大樹(はんどう たいき)と、小田原希美(おだはら のぞみ)の2名の弁護士がおります。
 原則として、所長の楾がご相談をお受けします。
 ただし、小田原を希望される方は、その旨おっしゃっていただければ、小田原が対応いたします。
また、楾の日程調整がつかない場合や、法テラスによる相談をご希望の場合は、小田原が対応させていただくことがあります。
 大規模事務所などでは、新人弁護士が1人で相談に応じたりすることがあるかもしれません。
所長の楾も、新人のころは、そのようにして鍛えられました。しかし、相談者にとっては、それではご不満なはずです。
 ですので、所長自身が責任持ってご回答するように努めております。

費用について

 借金相談は無料(何度でも)

 その他の相談は60分ごとに5000円の相談料をいただいておりま す。 (ただし、法人のご相談は、30分5000円でお願いいたします) 一般的には30分5400円というのが相場ですが、気軽にご相談いただけるよう、このような料金にしております。
 相談だけで終了する場合は、相談料の他に費用はいただきません。
 なお、収入が少ない方の場合、「法テラス」を利用すれば、同じ内容の相談を3回まで無料でお受けすることができます。後で、法テラスから弁護士に相談料が支払われます。
 法テラスを利用できるのは、収入が一定以下の方に限られます。詳しくはお問い合わせください。
 ご相談いただいたうえで、弁護士に解決を依頼される場合は、着手金などをいただきます。依頼した場合に弁護士費用がいくら必要かについては、ご相談の際にご説明します。 なお、着手金の分割払いについては、できる限り応じておりますので、ご相談ください。 依頼を受ける場合は、委任契約書に弁護士費用の額を明記しますので、後になって予想外の費用を請求されるということはありません。ご安心ください。

ご相談の際にお持ちいただく物

・ご相談内容に関係する書類など
  どんな書類が必要かは、お電話いただいた際に事務職員がご案内しますが、関係しそうなもの
 は、すべてお持ち下さい。 関係する書類をお持ちいただいていないと、適切なアドバイスができな
 いことがあります。ご自分では必要ないと思われても、弁護士のアドバイスには必要だったりする
 ことがありますので、二度手間にならないよう、関係するかもしれない物は一切合切お持ち下さ
 い。
・印鑑(認め印)
  もし弁護士に依頼することになれば、委任契約書等を交わしますので、念のためお持ち下さい。
・相談料

Copyright (C) hiroshima-simin-hourituzimusyo All Rights Reserved 2011