医療過誤

弁護士と看護師による医療過誤(患者側)の相談

ひろしま市民法律事務所は、専ら患者側の立場で、医療過誤事件を扱っています。

当事務所には、医学知識・臨床経験のある看護師が在籍しています

 医療過誤事件では、医師がどのようなミスをしたのかなどということを、医学知識に 乏しい患者側が具体的に主張・立証していかなければなりません。これは簡単なこと ではありません。
 当事務所には医学知識・臨床経験のある看護師が助手として在籍しており医療 過誤事件は看護師とともに進めていきます。
 看護師は、相談への同席、カルテの判読、医学的知見の提供、医学文献の調査、 協力医探しなど、様々な場面で弁護士を補佐します。


【ご相談の流れ】

<カルテ等をご自分で入手されている方>

 医療過誤案件では、カルテがすべての出発点です。
 カルテは、ご自分で病院に依頼すれば、入手できます。
 ご自分でカルテを入手されている方は、お電話で当事務所までお問い合わせのうえ、面談前にカルテ等をお送りください。
 当方でカルテ等を検討のうえ面談させていただきます(カルテ検討料3万2400円程度、カルテの量により増減)

<カルテ等を入手されていない方>

 まずはお電話で当事務所にお問い合わせください。
 カルテ改ざんのおそれがある場合は、カルテの入手や病院との折衝はご自分でなさらず、弁護士に任せた方が無難なことがあります。
 カルテ等の入手を弁護士に依頼される場合は、21万6000〜32万4000円程度の弁護士費用をいただいています。また、カルテや画像の複写代などの費用がかかります。

 弁護士と看護師がカルテを検討のうえ、患者側に協力してくださる医師に意見を聞いた方がよいと判断した場合
 → 弁護士と看護師が、協力医との面談、医学文献等の調査を行い、勝訴の見通しの判断を行います。
  (弁護士費用のほか、協力医への謝礼、交通費などの費用がかかります)

 調査の結果、勝訴の見込みがあると判断される場合に、示談交渉や訴訟の手続をお引き受けします。
 (別途、弁護士費用をいただきます)

 医療過誤のご相談は、死亡・重度後遺障害案件に限らせていただいています。
 医療過誤による損害賠償請求をするには、上記のように多額のお金がかかるうえ、一般の訴訟に比べ勝訴率は高くありません。
 依頼者の方にとって、弁護士に依頼するメリットがある案件は、事実上このような案件に限られることが多いためです。

賠償額の算定

医療過誤の案件でも、賠償額の算定は、交通事故の賠償基準(赤い本)に準じて行われます。

死亡事故の遺族の方 後遺症で苦しまれている方

ご挨拶

    助手・看護士 楾 礼子

 当事務所においても、しばしば医療事故に関する相談が寄せられ、初回の面談では私も
同席しております。事例の中には、日々の医療業務の何気ない場面においてもミスと疑われ
ることが起こっており、医療事故は、決して他人事ではない出来事であると日々感じております。

 相談に来られた方々は、私達に対して真相究明、病院側の謝罪、損害賠償などを要望
されます。私は、その要望の奥にある言葉では言い表せない深い苦しみや悲しみまた家族の
愛情を感じて止みません。

 医療現場を知る者として私に出来ることは、まず、相談に来られた方の話をじっくり伺い、思
いを十分に理解することだと思っています。これまで培ってきた医学的知識や臨床経験が皆様
のお役に立てば幸いです。
 
まずはお気軽にご相談ください。お待ちしております。

【経歴】
香川医科大学大学院医学系研究科修士課程(基礎看護学専攻)修了
香川大学大学院医学部博士課程(医療管理学専攻)中退

国家公務員共済組合連合会 虎ノ門病院(東京都)7年間勤務
 循環器外科・内科、消化器外科・内科、呼吸器外科・内科、脳神経外科・ 内科、整形・形成外科、
 一般外科、婦人科での臨床看護に携わる

高松市国民健康保険 塩江病院(香川県)2年間勤務
 高齢者看護、外科・内科外来看護に携わる

香川県立保健医療大学・短期大学(香川県)4年間勤務
 成人看護学助手として主に臨床看護に関する研究・教育活動を行う
 消化器外科・内科、呼吸器外科・内科、血液内科、糖尿病・透析外来、
 手術室における臨床実習指導に携わる

Copyright (C) hiroshima-simin-hourituzimusyo All Rights Reserved 2011