早めのご相談を!

返済のための借金は、やめてください。

 返済のために借金をすると、借金が増えるだけです。 一時しのぎの借入をしても借金の問題は解決できないばかりでなく、債務整理が難しくなったり、自己破産に支障が出たりすることもあります。
 次の借入、次の返済をする前に、ご相談ください。

おまとめローンを利用してはいけません。

 おまとめローンには様々な問題があります。
 債務整理をすれば借金を減額できたり、過払い金を回収できたりするのに、それをせずに、業者の請求する額をそのまま、おまとめローンで完済される方がいます。借りる必要のない借金をし、払わなくてもよい利息を払っていくことになります。
 完済後に過払い金を請求することもできますが、全額回収できるとは限りませんし、回収するのに弁護士費用がかかってしまいます。
 弁護士に頼んでも借金を減額できないケースであっても、弁護士が介入すれば、利息をゼロ%とし、元金だけ払えばよいような解決が可能です。これに対して、おまとめローンで借入をすれば、利息を払っていかなければなりません。おまとめローンの借入額は大きいため、完済までに多額の利息を支払わなければならなくなります。
 おまとめローンの借入の際、連帯保証人を要求されることがあります。その後に返済に行き詰まると、保証人に迷惑をかけなければ解決できなくなる可能性があります。おまとめローンの前にご依頼いただければ、自分だけの問題として解決可能です。
 住宅ローンのある自宅に抵当権をつけて、おまとめローンの借入をする方もいます。おまとめローンの借入さえしていなければ、個人再生によって自宅を守ることができたのに、おまとめローンの抵当権がついているため、個人再生を利用できず、自宅を守ることができないというケースもあります。
 おまとめローンを利用するメリットはただ1つ、ブラックリストに載らないということだけです。
 ブラックリストに載らないということは、また他社から借入ができるかもしれないということです。しかし、おまとめローンの借入をした後、さらに借入をするというのは、おまとめローンの返済に困って借入をするということであり、後は雪だるま式に借金がふくらんで、いずれ破綻します。
 おまとめローンを利用しようという方の多くは、すでに自分では解決できないような借金を抱えている方です。おまとめローンによって月々の返済額を減らしたものの、やはり返済が苦しく、相談に来られる方がたくさんおられます。
 おまとめローンは、多くの方にとって、借金問題の解決にならないばかりか、解決が難しくなることもよくあります。
 おまとめローンの借入をする前に、当事務所にご相談ください。

当事務所は、過払い状態で契約したおまとめローンの無効を主張する裁判を起こし、おまとめローンと戦っています。

親族の援助で完済する前に、ご相談ください。

 親族などの援助で完済することを検討されている方も、その前にご相談ください。
  業者の請求どおりに支払って完済すると、利息を払いすぎになってしまうことがあります。払いすぎの分は後から取り返すこともできますが、全額取り返せるとは限りませんし、取り返すのに弁護士費用がかかってしまいます。
 また、親族などの援助で借金を完済すると、ブラックリストに載らないため、再び借金を繰り返す方がたくさんおられます。
 ご本人のためにも、援助しようとする方のためにも、弁護士に相談されることをお勧めします。

過払い金の請求は、お早めに!

 どの貸金業者も最近は経営が苦しくなり、あの手この手で過払い金を値切ろうとしてきます。
 業者の対応は、悪くなる一方です。
 倒産する貸金業者も増えています。
 消費者金融と長年取引のある方や、消費者金融に完済された方は、早めに過払い金請求のご依頼をされることをお勧めします。

いろんな誤解をされている方がいます。

 「借金の残額があと少しだから自力で払ってしまえる、債務整理の必要はない」とおっしゃる方もいます。しかし、長年返済を続け、残債務があと少しになっているということは、過払い金が発生しているかもしれません。
 以前は高い金利で借りていたが、現在の利率は安くなったので、弁護士に頼んでも減額できない、と勘違いされている方もおられます。利息制限法に違反する利率で借りていた期間が過去にあれば、借金は減額できます。    
 自己破産について、良くないイメージを持たれている方もおられます。しかし、特に財産のない方であれば、財産を失うこともなく、借金をチャラにするだけで、特に不利益なく終わるケースはたくさんあります。  
 わからないこと、不安なことは、何でもおたずね下さい。

Copyright (C) hiroshima-simin-hourituzimusyo All Rights Reserved 2011