Q&A

Q. 電話やメールでの法律相談には応じてもらえますか。
A. 原則として応じておりません。
   ただ、体調や遠方などのためどうしても来所いただけない場合は相談内容によっては電話で
  お話をうかがうこともできます。

Q. 平日は仕事があるので相談に行けないのですが。
A. 当事務所は、ご予約いただければ、土日や夜間でも相談に応じております。
  まずはお電話ください。

Q. 相談内容について、秘密は守ってもらえますか。
A. 弁護士には守秘義務があります。
  相談内容を他に漏らすようなことは絶対にありません。
  弁護士が適切な見通しを立てられるよう、包み隠さずお話し下さい。

Q. 是非依頼したいのですが、必ず引き受けてもらえるのでしょうか。
A. どんな事件でも必ずお引き受けするというわけいきません。
  ご相談内容によってはお断りすることもあります。

Q. 収入が少なく、弁護士費用が少しずつしか払えません。どうすればいいでしょうか。
A. 収入が少ない方の場合は、法テラス(正式名称:日本司法支援センター)に 申請して弁護士費
  用を立替払いしてもらうことが可能です。

Q. 依頼した後で予想外の弁護士費用を請求されたりすることはありませんか。
A. 弁護士費用については,ご依頼を受ける際に委任契約書に明記し委任契約書の控えをお渡し
  しますので、ご心配いりません。

Copyright (C) hiroshima-simin-hourituzimusyo All Rights Reserved 2011