死亡事故の遺族の方

 死亡事故の場合、各法定相続人の方が、法定相続分に従って損害賠償請求権を相続し、それを請求します。  

 交通事故の場合、死亡による損害については、自賠責から3000万円支払われます(被害者請求した場合)。
 任意保険からは、3000万円を超える損害についても支払われます。

 賠償額の算定は、次のように行います。


逸失利益

 もし事故に遭わなければ得られたであろう収入の額を、「逸失利益」といい、これを損害として請求できます。   
〈逸失利益の計算式〉    
  基礎収入額×(1−生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数


@ 基礎収入額       
  事故前の収入が多い方ほど、逸失利益の額は大きくなります。 幼児、学生、専業主婦などの方の
 場合、「賃金センサス」に基づいた収入があるものとして算定します。「賃金センサス」は、性別・学歴
 ・年齢ごとの平均的な年収をまとめたものです。

A 生活費控除率
  亡くなったことで生活費はかからなくなるため、これを控除します。 控除率は、一家の支柱となる方
 かどうかや、性別などにより異なります。

B 就労可能年数に対応するライプニッツ係数
  原則として、67歳まで就労可能と考えます。
  若い人ほど、逸失利益は大きくなります。
  将来、長期間かけて受け取るはずだった収入を、逸失利益として一度に受け取ることになります。
  預金をすると利息がつくのと逆に、お金を早くもらえる分、減額されます。これを、「中間利息の控
 除」といいます。

慰謝料

 目安としては、
  ・一家の支柱だった方  2800万円
  ・母親、配偶者     2400万円
  ・その他の方      2000万円〜2200万円
 くらいの額になります。

 具体的な事情を考慮して、増減されます。

葬儀関係費用

 葬儀費用等も、損害として請求できます。
 葬儀費用は、原則150万円、これを下回る場合は実際に支出した額となります。
 香典は差し引かれません。

 その他、死亡に至るまでの治療費等や、物損等々の損害があれば、請求できます。
 被害者にも落ち度がある場合は、その分減額されます(過失相殺)

Copyright (C) hiroshima-simin-hourituzimusyo All Rights Reserved 2011